リスブランのブログ - 2008/04

lisblanc(リスブラン化粧品)のご紹介と店主の雑談




[PR]



2008年04月27日(Sun)▲ページの先頭へ
二歩進んで、一歩下がる?
毎日、昼間にもシャツの着替え、鎮静ローション湿布。
風呂上りはもちろん、夜中にもかゆみで目が覚めるから、
また入浴、シャツの着替え、鎮静ローション湿布。
熟睡できん・・・

滲出液が出る箇所は限局的になってきたものの、
かさぶた状になって、シャツにくっついてしまう。
着替えたり、動くたびに剥がれてしまい、
どうも細菌感染を起こしているようなので、
鎮静ローション湿布と保湿(フィトナモフデュー)のあと、
テラマイシン軟膏を、ちょんちょん。

肩のあたりは、少しずつ赤みが引いて、
ほんの少しずつ肌の色が戻りつつある。
まだまだ、長期戦だなぁ。


2008年04月26日(Sat)▲ページの先頭へ
すごい!
バスソルトがここまで効果的だとは思わなかった。
ノンEバスソルトの成分は、
Na,K,Ca,Mgにグリチルリチン、ビタミンB2。
いたって普通に見える。

ダンナが最初に入浴するのだが、
一番風呂独特の湯の刺激(ピリっと感?)がないと言う。
掻き傷やかさぶたがあるので、しみる覚悟で入ったら、
全く刺激なし、入浴中はかゆみなし、と言う。

湯上りには、鎮静やらノンEマイルドの湿布。
かさぶた部分が変色して、赤みが黒ずんできた。
しかし小さい丘疹が広がってしまい、かゆみもあるので、
ノンEニューをパッティングしたり、
ナモフデューで保湿も欠かせない。

ちょうど営業さんが来たので相談してみた。
基本の保湿は、
ノンEマイルドとPWSアリメントになるらしいが、
アリメントの使用感があまりよくなかったので、
美容部員さんに確認してもらうことにした。
週末なので、返事は月曜日以降かな?

それにしても、入浴がこれだけ効果的なら、
休日は一日風呂に入っとくのもいいかな?
ふやけるまで(笑)


2008年04月21日(Mon)▲ページの先頭へ
おっ!これはいい感じかも
ダンナのアトピー、本格的に離脱ケア開始から、約10日。
一昨日からは、バスソルトをPWSに変えた。

湯上りは、結痂部分から滲出液がじわっと出る。
しかし、赤みが変化してきた。
いわゆる「枯れた」感じになってきている。

ひたすら鎮静のローションパックを繰り返す。
少しずつとはいえ、熱を持った部分が減っている。
相変わらずかゆみはあるので、
油断なく「熱取り」のローションパックを、
日中2回、風呂上りと夜中にも繰り返す。
ひたすら根気の勝負。

本人の自覚症状として、
熱感が減って、かゆみの範囲が限定的になったようだ。
耳の熱とジクジクは、まだ改善されてこないが、
滲出液の出方が少なくなっている。


昨日あたりから顔の赤みが増した。
上下のまぶたが腫脹、いかにもしんどそうな顔つきになる。
ノンEマイルドの湿布をすると、少し引く。
1日で赤みが黒っぽい「枯れ」に変化してきた。

一進一退を繰り返すであろう「薄氷の皮膚」。
ノンEマイルドとマリンミスト、フィトナモフデューが、
かたときも手放せない。


ともかく根気だ。


2008年04月19日(Sat)▲ページの先頭へ
えらいこっちゃ!
自分自身の肌の調子は、けっこういい♪

なのに・・・
ダンナがアトピー皮膚炎発症した。

思い起こせば。。。
一昨年の夏にハチに刺されてから、
人の忠告を聞かずに不養生して悪化させ、
その頃から断続的に皮膚科を受診し、
そのたびにステロイド軟膏を処方され、
その使い方も我流。

しだいにトラブルの範囲が広がり、
昨年秋からは、strongタイプのステロイドを使っていた。
何も言わないんだもん。
こんなになるまで、医者から出された外用薬をただ塗るだけ。

アトピーの経験者でないとわからない、
強烈なかゆみと結痂を伴う湿疹が背中に広がってしまった。

スキンケアと生活改善を同時にやらないと、
本当に難治化してしまう。



で、ステロイド離脱に挑戦することにした。
もちろん、生活改善もさらに見直し。
禁煙はどーにも不可能らしいので、せめて目標設定した節煙。
コーヒーもこれまでの半分以下に。

スキンケアは、
実際のところ、たいへんな手間と辛抱がいる。
背中だから、本人が自分でできないでしょ?
だから手伝う(いや、実質ワタクシがほとんどやることになる)

1週間で、どこまで改善するか?
1ヶ月でジクジクを離脱するのが目標。
夜中でも、かゆかったら手当てする。
けっこうしんどい・・・・


2008年04月11日(Fri)▲ページの先頭へ
紫外線対策だぁ!
もう桜前線は東北地方に達したようだ。
寒さが長引いた早春だったが、いきなり暖かくなった。
今月に入って、最高気温が20℃近くまで上がる日も。
つまり、紫外線の量もそれなりに、ということ。

だいたい、1年中紫外線対策しないと、
シミのできやすい年齢なのだ。
手は抜けないので、ずっと化粧下地にフェイシャルシェイプリフトを使っている。

日中ほとんど外に出ることはないものの、
通勤の車の中でも、相当量の紫外線は浴びることになる。
(サングラス、手袋は常備)

もう強力なものに切り替えなければ。
赤いキャップのハイエスミルキー。

白くならない、伸びがいい。
伸ばしてしまえばさらっとしているので、
肌に重さを感じない。


   


口にするカルシウムは、
けっこう気にするけれど、
お肌に届けるカルシウム、
これが意外と大事なんです。
「魔法のようなクレンジング」と、
「肌がきれいになる化粧水」は、
リピーター拡大中!

お問い合わせやご感想は、
こちらから→


新着トラックバック/コメント

きれいな肌のためには、
スキンケアと同時に良質な睡眠が欠かせません。

眠ること、おふとんや枕のこと、本当に知っていますか?

→アメブロ「めざせ良質の睡眠」知って得する情報満載です!

お問い合わせやご感想は、
こちらから→

カレンダ
2008年4月
   
     

アーカイブ
2008年 (26)
1月 (4)
2月 (1)
4月 (5)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
2009年 (8)
2月 (1)
4月 (1)
9月 (5)
10月 (1)
2010年 (2)
2月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:9
昨日:6
累計:76,788