リスブランのブログ - 2008/05

lisblanc(リスブラン化粧品)のご紹介と店主の雑談




[PR]



2008年05月28日(Wed)▲ページの先頭へ
おかげさまで
昨日、リスブランの営業さんが来店。

1ヶ月前には、
ダンナの皮膚のひどい状態にびっくりしていたのだが、
今回は、
顔も首筋もすっかり改善しているのにびっくりしてくれた。

そりゃーもう、
鎮静自然ミストを、
文字通り浴びるようにふりかけまくり、
仕事中にも鎮静で湿らせたコットンを手放さず、
休日には入浴3回、と熱心にケアをしてきた結果。

先月は泣く泣くあきらめたゴルフにも、
先週はよくやく行って来れた。
「ストレス解消できた」とダンナ。

また会合が連続する月末になったが、
少しずつ集中力も回復してきた様子。


多忙なところ出張指導してくださった部長さんに、
くれぐれもよろしくお礼を申し上げたい。



背中など上半身の様子が改善して、
先週あたりから、下半身に異変が出ている。
へそから下ね・・・お尻と、前。。。。

汗ばんでかゆみが出て、睡眠中に爪を立ててしまったのか。
言葉にしにくい場所に赤みが出ている(らしい)。


基本的な対処の仕方を学んだので、ダンナは強気。
「なんとかする」と、一人でケアしている。
手伝いは、ちょっとしにくい・・・・(笑)


2008年05月23日(Fri)▲ページの先頭へ
オジサンも日焼け止め
女性に限らず、若い年代の方では、
夏場にUVケアするのは常識となっている感がある。

40代50代でも、女性なら日焼け止めの意識が高い。
更年期前後のシミ(肝斑)も気になるし、
やはり日焼けによるシミを少しでも防ぎたい、
しわの出方にも影響することも、知識を持っている。


ところで、オジサンたちはどうか?
ダンナの知人の中には、以前から
ゴルフコースに出るときには、
日焼け止めクリームを塗る人もいる。

しかし大多数は、
「クリーム塗ってるとこ、見られるのはイヤだ」
「塗ったら、白く残ってかっこ悪い」
と、言うらしい。


だったら、家で塗ってから行けばいい。
コースに出ている時間くらいは、持つ。
昼に水で顔を洗う程度では落ちない、
白残りしない、ベタベタ感のない、
日焼け止めクリームがあるからね〜。

リスブラン・ハイエス・ミルキールーセント


今年初めて日焼け止めに使ったダンナは、
「あと風呂でせっけんできれいに落ちたし、
日に当たったけど、あとがヒリヒリしなくてすごくラクだった。」


2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
枯れた?まだまだ?
ダンナの背中の赤みが、少しずつ変色して
妙なまだら模様になっている。

日に3回程度のケアは欠かせないが、
夜眠れるようになったのはありがたい。


お風呂でのケアが、一番気持ちいいみたい。
もともと入浴に時間をかけなかった人が、
ここのところ、30〜40分くらいは浴室にいる。


首筋の目立つところが、片側はきれいになった。
無意識に触るせいか、利き手側はまだ赤みがある。


2008年05月11日(Sun)▲ページの先頭へ
眠れるようになりました
ダンナの肌の調子は、
少しずつ、ほんの少しずつ、
改善に向かいつつあるようだ。

昨夜は、本当に久しぶりに、
夜中に起き出さずに眠れた。

まだまだカサカサ、
ピリッと破れそうなくらい乾いた感じだけれど、
ジクジクしていたところが縮小したので、
シャツが滲出液のせいで張り付くことが減った。


鎮静自然ミスト
ひたすら鎮静自然ミスト

かゆくなってきたら、
鎮静で湿らせたコットンでぺたぺたする。
自然ミストを浴びるようにプシュ!

500mlのボトルを、それぞれ何本消費したか。

鎮静自然ミスト
(しつこい・・・)


2008年05月09日(Fri)▲ページの先頭へ
クレンジングは
若い人に多い「こってりメイク」は、
クレンジングクリームでは、1回で落としきれないらしい。

確かに都会の駅前で見かける、10代から20代のオンナノコ、アイメイクに重量感がある(実際、重いんじゃなかろうか?)

せっかく、素肌がいちばんきれいなはずの時期に、
お絵かき遊び感覚で、メイクにこるのはもったいないなと思う。

オイルクレンジングは、
そういうポイントメイクには効果的だけれど、
顔全体をこすりがちなので、積極的には紹介していない。
基本はクリーム、
ニキビやトラブルが出ている肌にはミルキー。


毎日の紫外線対策にも、肌の新陳代謝を順調にしておきたい。

リスブラン薬用クレンジングクリーム



2008年05月03日(Sat)▲ページの先頭へ
お風呂が極楽!
あいからず、ダンナはかゆみで眠れない。

連日、地元商工会の役員会などに出席せねばならず、
仕事が終わっても、すぐに帰宅できないことが続く。

帰宅すれば、何をおいても風呂!!
湯舟に浸かるとかゆみが消えるので、
ずっと入っていたい気分になるらしい。


かゆみ対策に、洗うものも大事、
入浴剤も同じ意味で大事なもんだね。

一進一退状態が続く。


   


口にするカルシウムは、
けっこう気にするけれど、
お肌に届けるカルシウム、
これが意外と大事なんです。
「魔法のようなクレンジング」と、
「肌がきれいになる化粧水」は、
リピーター拡大中!

お問い合わせやご感想は、
こちらから→


新着トラックバック/コメント

きれいな肌のためには、
スキンケアと同時に良質な睡眠が欠かせません。

眠ること、おふとんや枕のこと、本当に知っていますか?

→アメブロ「めざせ良質の睡眠」知って得する情報満載です!

お問い合わせやご感想は、
こちらから→

カレンダ
2008年5月
       

アーカイブ
2008年 (26)
1月 (4)
2月 (1)
4月 (5)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
2009年 (8)
2月 (1)
4月 (1)
9月 (5)
10月 (1)
2010年 (2)
2月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:9
昨日:6
累計:76,788